マネジメントとは?求められる役割と必要なスキルを解説

マネジメントとは?求められる役割と必要なスキルを解説

「マネージャーに昇進して、マネジメントする立場になったけど具体的に何をすればいいのだろうか?」
「そもそもマネジメントとは何だろう?」

このように悩んでいませんか?マネジメント業務は多岐に渡りますが、現在、会社企業に最も求められるのはマネジメント能力に優れた人材です。

今回の記事ではマネジメントについてお話しします。マネジメントに求められる役割や階層ごとのマネジメントの違いについてもお話ししますので、どうぞ最後までお読みください。

マネジメントとは?

マネジメントとは組織に成果を上げさせるための機関を言い、会社・企業においては「経営管理」や「組織管理」を指します。会社から求められるマネージャーになるには「マネジメント」の意味を理解することがとても重要です。

マネジメント意味

マネジメント(management)は元来、経営管理・組織管理など、組織を全体的に統一する活動を指しますがビジネスシーンに転用され、企業が目標達成や成果を上げるための経営資源(ヒト・モノ・カネ)の効率的活用と会社運営組織・部署組織が掲げる目標やミッションの達成を目指すことです。

言い換えると、成果や結果を出す全てのものが「マネジメント」と言えます。今後、自組織や部下をマネジメントしていくマネージャーは「マネジメントの意味」を理解し、会社運営全体と自組織の運営を円滑に回し成果を出すことが義務付けられます。

マネジメントの概念と誕生と定義

マネジメントの概念はビジネス書等でよく目にするアメリカの経営学者、ピーター・ファーディナンド・ドラッカーが1973年に刊行した著書「マネジメント」の文中で提唱した言葉から誕生しました。

ドラッカーは起業コンサルタント、経済学者として活躍し関係著書を多く発表しているため、ビジネスパーソンはその名を目にしたことがあるかもしれません。また、ドラッカーのマネジメントと高校野球の女子マネージャーが題材の書籍が初心者でも「マネジメント」を理解しやすいことから、現在でも各分野において影響を与え続けています。

ドラッカーは2005年逝去後「マネジメントの父」として称えられており、現在、多くの会社・企業がドラッカー提唱の「マネジメント」を汎用化し成果を出していると言えます。ドラッカーが説く「マネジメント」の定義は組織に成果を上げさせる仕組みやツールとしています。

マネジメントの必要性

企業や会社にとり、マネジメントが必要な理由は「マネジメント」が組織の持続的な発展に欠かせないものだからです。

マネジメントは組織に課せられた目標の把握と、目標を達成することが重要課題です。組織発展のため社員の適材適所での配置、社員の能力発揮と成果の最大化を図れる体制を構築できるような人材育成が大切なのです。

また、組織の在り方として、自組織が社会全体に良い影響を与えることが前提であり、会社全体の業績や利益向上のみを目指すだけではなくマネジメントを通し、社会貢献することも組織が担う責任であることを自覚する必要があります。自組織を向上させ、会社運営持続のための人材育成、そして会社全体を通した社会貢献など実現していくためにマネジメントは重要なのです。

そして、マネジメントの必要性を深く理解し的確なマネジメント力を持つマネージャーを継続的に育成していくことが会社運営にとって最も必要な業務と言えるでしょう。

マネジメントに求められる役割

組織目標の達成、組織で働く人を活かす人材育成、会社や組織全体を通し社会に貢献する役割がマネジメントに求められます。マネジメントはそれぞれ必要な役割があり、それが会社や組織に求められていることをしっかりと認識しておきましょう。

組織のミッション達成

組織のミッション達成には自社の成果・利益追求に囚われず社会貢献を意識することが大切です。組織独自の目標を設定し、適切なマネジメントにより「目標達成」「ミッション達成」を実現し、自組織の継続的な発展を目指すことがマネジメントに求められる役割のひとつとなります。

マネージャーは組織ミッションの達成を実現するため、自組織の社員ひとりひとりに「ミッション達成の目的・重要性・影響」を認識させることも大切です。

組織で働く人たちを活かす

組織を持続的に発展させていくには人材育成がとても大切です。会社・組織で働く人に仕事を通じ自己実現できる機会や地位・責任を与え成果を上げさせることもマネジメントの役割です。

ただ単に仕事を与えるのではなく、組織で働く人たちの強みや能力を発揮できるマネジメントにより組織社員の自発的な行動による生産性の向上が望めます。組織で働く人を活かせる適材適所による仕事の割り振りにより、組織全体の発展が可能になるのです。

社会に貢献する

組織を大きく向上させ持続させるには顧客だけでなく「社会」が求めるニーズに応える必要があります。例えば顧客からある商品の開発を依頼されたとした場合、単純な商品開発だけをするのではなく社会が求める「利便性」「環境配慮」などのニーズも取り込むことで社会貢献が実現します。

自社組織全体として社会のニーズに応えた商品開発理念を掲げ、目標の達成により最終的に社会貢献につながることになるのです。

マネジメントに必要なスキル

マネジメントに必要なスキルは物事を適正に判断し決定する力、組織を円滑化させるコミュニケーション力、目標達成に導ける業務管理などがあり、マネジメントを成功させるためスキルの習得は必須と言えます。

意思決定力

マネージャーは時に、重要な判断を下さねばならない時があります。マネージャーの意思決定は組織で掲げた目標達成を左右することもある、とても重要な仕事と言えます。

しかし、状況による判断に迫られ決めたことは意思決定とは異なり、周りの意見や状況に振り回されることなく必要なソースを使い、物事を適正に判断し決定する能力がマネジメントの意志決定力なのです。

マネジメントに必要なスキルである「意志決定力」のレベルにより、自組織の目標達成確率や業績向上、人材育成成果が大きく変わることを認識しておきましょう。

コミュニケーション力

マネジメントに必要なスキルとして「コミュニケーション力」の習得は不可欠と言えます。マネージャーは組織を管理し目標達成へと先導する立場で、リーダーシップを持って部下を導かないとなりません。

部下と意思疎通を図り、部下のモチベーションアップを引き出し、部下の動機づけのための積極的なコミュニケーションが必要なのです。

また、部下へ仕事を与えるだけでなく、アドバイスやフォローも部下との関係構築に役立ちます。コミュニケーション力は実践すればするほどスキルアップしますので、積極的なコミュニケーションを心がけましょう。

管理能力

組織を運営していく上で、管理能力のスキルも重要です。目標達成に向け組織が正常に機能しているか、生産性の向上のために適切な業務配分やチーム構成ができているか、組織全体の業務の質はどうか、などの視点で組織を管理していく能力がマネジメント層に求められます。

適切な管理かどうか見極めるため、効果測定だけではなく部下へのフィードバックを適宜実施したり、定期的なミーティングによる業務確認も有効です。組織の目標達成のため、組織全体を俯瞰し状況を見極め管理することがマネジメントでは重要です。

分析能力

組織の目標達成や課題の問題は経験や勘だけでは解決できないため、過去データや実績データなどから現状を照らし合わせ、戦略を立てなければなりません。データ分析なしでは、的外れな施策を生むことになりかねず、組織の生産性の低下、目標方向のズレなどが生じ組織を誤った方向へと導いてしまいます。

現状の分析・データ分析を行うと同時にデータを長期・短期で見るか判断し、業務遂行のスパンも留意しておく必要もあります。また、成果を最大化するためPDCA(Plan-Do-Check-Act cycle)を回しておくことも忘れないようにしましょう。

階層ごとのマネジメント

マネジメントは階層ごとにわかれており、それぞれ役割や求められるものが異なります。自分が該当するマネジメント層以外も知っておくことで会社経営の仕組みも理解できるようになりますので、ぜひ確認してみましょう。

トップマネジメント

トップマネジメントはIOS(国際標準化機構)で最高経営層、執行権を持つ経営者と定義されています。トップマネジメントは会社組織の基本的計画の立案や組織の運営方針を決めるなど、経営に関する総合的な意思決定を決める役割があります。

また、トップマネジメントは会社運営に関する全責務を担うため強力なリーダーシップが求められる層と言えるでしょう。

トップマネジメント層は会社の最高経営者・組織の最高経営陣を言い、該当するのは代表取締役会長、社長、副社長、専務、常務などの取締役会メンバーです。トップマネジメント層は企業により、該当する役職が異なります。

ミドルマネジメント

ミドルマネジメントは日本で言えば「中間管理職」を指します。ミドルマネジメントは経営管理を担うトップマネジメントと実務管理者であるロワーマネジメントの中間に位置しており、該当するのは部長・課長・係長など一般的に管理職と呼ばれている人です。

ミドルマネジメントはトップマネジメントで決定された目標設定、経営戦略を自組織に落とし込み組織内リーダーや部下へ伝達する役割を持っています。

また、ミドルマネジメントはトップマネジメントの補佐役的存在でもあり、経営理念や企業理念に対しても深い理解が求められる傾向にあります。

ロワーマネジメント

ロワーマネジメントは監督層と呼ばれ、業務や現場におけるリーダーを言います。ロワーマネジメントはミドルマネジメントから指示された内容を自組織社員に伝え、適正な業務管理の元、目標達成できるよう直接的に管理監督する役割を持っています。

ロワーマネジメントはトップマネジメントやミドルマネジメントほど経営参画という場面はそれほど多くはありません。

しかし、ロワーマネジメントには組織に属する社員が問題なく仕事に当たれる雰囲気作りや、効率化を図れるよう常に現場が円滑に回るよう管理する役割があります。

マネージャーとは?

マネージャーとは業務の管理運営や目標達成に向かい、社員が能力を発揮できるようサポートする人を言い「自ら仕事をする」のではなく「人に仕事をさせる」人を指しています。マネージャーは自組織のためのサポーターと考えて良いでしょう。

マネージャーの役割

マネージャーの役割は経営層の決定した経営方針に従い、自組織の目標を設定し部下が目標を達成できるようサポートするのが役目です。

マネージャーの役割を理解しないと、自組織を統率できないばかりか、部下の成長を妨げてしまう恐れがあるためマネージャーとして適応できません。マネージャーは部下の仕事内容や問題点を洗い出し、部下の仕事を逐一把握する必要があります。

また、マネージャーは部下の評価も担っており、評価において部下のキャリアアップや成長を常に適正に評価しフィードバックについても考える必要があります。

マネージャーは自組織の管理、目標管理と円滑なチーム形成が役割として求められており、組織に属する社員が問題なく仕事に取り組める体制作りとサポートが最も重要な役割と言えるでしょう。

リーダーとの違い

マネージャーとは管理者、支配人など「管理する人」を言い、組織社員が目標達成のために必要な道筋を整えサポートする人を指します。

リーダーとは先導者・指導者・主将など、目標達成のための道を先導してゆく人を言います。マネージャーは組織が目標達成に向かうために必要な「ヒト」「モノ」「カネ」など経営資源を効率よく使い最大限の成果を出せるようサポートしていくことに対し、リーダーはチームの先頭に立ち、全体の方向性を示し所属社員を先導する存在です。

マネージャーは自組織全体に対するサポートですが、リーダーは組織内の決められたセクションごとに必要な人材と言えます。組織内チームには複数のメンバーがおり、価値観や考え方がそれぞれ異なりますので、全体をまとめ目標達成に一丸となり進むために各チームにはリーダーの存在が不可欠なのです。

マネジメントとリーダーシップの違い

マネジメントとリーダーシップは双方、組織の目標達成による成果を追求する点では同じです。しかし、それぞれの能力や役割などに違いがあります。リーダーシップは組織内のメンバーを率いる能力で、マネジメントは組織を管理する能力です。

リーダーシップとは

リーダーシップとは目標達成のため組織内のメンバーを牽引するスキルで、役職者だけに求められる能力と認識されています。

しかし、リーダーシップは組織に属する社員全てに必要なスキルなのです。リーダーシップは組織の目標管理、優先順位の決定などの仕事を組織内で発揮することであり、これは役職などで決まるものではなく、自らの役割や責任を持ち組織全体の成果へつなげようとする「取り組む力」とも言えます。

また、組織メンバーから信頼されメンバーが自発的に従う人こそリーダーシップを持っている人であると言えるでしょう。

マネジメントとリーダーシップの差

マネジメントは自組織が目標達成できるよう、経営資源を活用し適正な業務管理や人材管理を行い組織に属する社員が円滑に業務遂行できる体制を作るためのサポート役です。該当する人材は役職であることが多いためマネジメント担当者の数は限られています。

これに対しリーダーシップは所属グループや組織を目標達成のために牽引する役目のため、グループ内に一人は必ず必要になります。

マネジメントは組織での業務全般のサポート役で担当は1~2人、リーダーシップは成果を出すため所属組織を引っ張っていくことで、担当は社員全員が対象であることが大きな差と言えます。

マネジメントの具定例

マネジメントでは組織の目標達成のために必要な活動を分類し組織化した上で、目標実現のための目標設定、所属社員の適正な評価とモチベーションアップを図り組織全体を管理することが主な業務となります。

組織化

マネジメントにおける組織化とは目標達成における活動や指針・決定など「仕事を分類することです。そして、仕事を「行動事項」「作業事項」など業務ごとにわけた組織作りを行っていきます。

さらに、組織にとって必要不可欠な人材をマネジメント、リーダー、実務に取り組む人などに分けた人選をします。「仕事」と「人材」を目標達成のために組織化することがマネジメント業務のひとつと言えるでしょう。

目標設定

マネジメントを開始するにあたり、まずは組織が目標達成するための「目標」と「ゴール」の設定が必要です。目標設定しない業務はゴールがどこにあるのかが分からず組織の方向性を狂わせる大きな原因になってしまいます。

また、社員が「目標」と「ゴール」に対する認識が低いと目標達成が困難です。マネジメントでは明確で具体的な目標とゴールを示す必要があり、目標達成のため、それらを組織社員全員に浸透させることが大切なのです。

評価

マネジメントでは組織社員の仕事内容・実績について定期的な評価を行い、目標達成のために必要な人材を育成する必要があります。また、適宜フィードバックを行い社員の自発的な業務改善を促します。適正な評価は社員の仕事へのモチベーションへとつながり、社員に組織が目指す方向性や自らの役割や立ち位置を認識してもらうこともできるのです。

マネジメントにおける評価は組織で働く社員だけに限らず、組織全体に影響を及ぼすため評価基準をしっかり決めることが重要です。

部下のモチベーション管理

部下に対するモチベーション管理もマネジメントでは重要な役割の一つです。モチベーションが低い状態で業務を続ける社員は組織を離脱する可能性も高くなり、組織全体の損失にもつながりかねません。

自発的に業務へ取り組める社員はモチベーションが高く、組織で掲げる目標達成へ大きく貢献できる存在です。組織全体の活性化や目標達成意欲を高めるためにも、部下のモチベーション管理はとても大切なのです。

人材育成

組織が掲げる目標を達成するには人材育成が欠かせません。組織にとって、優秀な人材を育成することはマネジメントで最も大切な役割と言えるでしょう。マネージャーの育成次第で社員の成長具合がかなり変わります。場合によっては、社員の強みや特性を発揮させることができず埋もれさせてしまい、結果的に組織の全体に影響がでることもあります。

社員の能力を最大限生かせる育成は組織向上にもつながりますので、適正な人材育成を心がけましょう。

マネジメントする上で役に立つスキル

マネジメントする上で役立つスキルには、組織の社員がどうすれば最大パフォーマンスを引き出せるか察知する「アセスメントスキル」と、社員の能力を引き出し、力を伸ばしてあげる「コーチング」があります。

アセスメントスキル

アセスメントスキルは、組織内の社員が個々に持つ能力や特性を把握し、どのような環境下で最大のパフォーマンスを出せるか察知するスキルのことを言います。マネジメントにおける人材育成や適材適所への配置への助けとなります。

例えば数値に関してミスが多い社員のコミュニケーション能力が高かったり、神経質な人がミスなどを見つける能力が高いなどを通常の業務から察知し見分けられれば性格や特性に合わせた人材配置が可能です。

非効率だった業務体制を改善する場合にも、アセスメントスキルは大いに役立ちますので、ぜひ取り入れてみましょう。

コーチングスキル

コーチングスキルは、組織社員の成長を助けるための重要なスキルと言えます。マネジメントする立場の人は部下の成長を含めた組織管理が必要です。

例えばマネジメントスキルが高い人でも、常時指示しなければ社員が行動できない組織は成長が停滞し、目標達成も困難になります。コーチングにより社員個別の能力を引き出すと同時にフォローアップしてあげれば、社員は指示されなくても自発的に行動し、成果をあげられるようになります。

コーチングスキルを身に付ければ社員の信頼を得られ、組織全体の運営も活性化しマネジメントスキルのステージがアップします。

まとめ

マネージャーに昇進し、組織運営を任せられることで多くの責任が生まれます。自組織の運営責任、業務における目標達成への責任、人材育成の責任などマネジメント業務は重責でしょう。

しかし、自組織の社員が大きく成長し同時に組織運営が軌道に乗ると充実感も大きくなります。マネジメントに必要な役割やスキル・知識は何が必要なのか理解し、人を育て、組織を育てられるマネージャーとしての役割を果たしていきましょう。

  • rss
  • はてなブックマーク

Withコロナ、テレワークにも強いQasee資料も無料体験も、ぜひお試しください

自社の現状の困りごと、お聞かせください

0120-835-303
03-6271-928010-:00-19:00 土日祝日除く