x
                           3分で分かる Qasee早わかり

人材育成に必要なスキルとプロジェクトを進める上で大切な事

人材育成に必要なスキルとプロジェクトを進める上で大切な事

人材不足が深刻化する昨今の状況下において、限りある人材の中から社員の生産性を上げることが重要視されています。

しかし、人材育成に力を入れたいけれど「どんなスキルが必要とされているのか」「指導をする中で、気をつけなければいけないものは何か」という疑問を抱いている方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、人材育成において必要なスキルと育成プロジェクトを進める上で大切なことを詳しく解説していきます。

人材育成に必要な基本的なスキル

現状把握能力、観察力、洞察力、コミュニケーションスキル、目標設定スキルは人材育成をする上での基本的なスキルといえます。これらをしっかりと理解し、人材育成に取り組んでいくことが大切です。それぞれ解説していきます。

現状把握能力

まず、人材育成における基本的なスキルの1つとして、現状把握能力があげられます。人材に求められる能力は、業務内容や改善が必要な課題によって大きく異なります。そのため、現状に合わせて人材育成を行なうことが重要です。

必要となる人物像を適切に理解するためにも、誰がどのような業務を行っているのか、現場でどんな課題が発生しているのかを把握する必要があります。

また、人材育成では、社員との関わり方も重要です。それぞれの社員の役割を理解し、適切な指導方法を検討するためにも、現状把握能力を身につけましょう。

観察力

人材育成は、相手のことをよく理解した上で指導を行うことが大切です。そのために必要となるのが観察力です。社員がどこまで理解できているのか、どんな課題にぶつかっているのか、どんなことに悩んでいるのか、など社員の知識や価値観を深く理解し、適切な育成カリキュラムを組みましょう。

効率的に人材育成を実施するためにも、社員の特性を見極める観察力は欠かせません。

洞察力

洞察力とは、本質を見抜く力のことをいいます。人材育成の現場では、社員の言動や行動を深く観察し理解した上で、行動することが求められます。そうすることで、本質的な課題を見つけ出すことが可能となり、より効果的な人材育成が可能です。

洞察力を鍛えると、表面上ではわからない要因を素早く察知し適切な行動が取れるため、人材指導におけるさまざまなシーンで役立ちます。

コミュニケーションスキル

人材育成では多くの人と関わるため、コミュニケーションスキルが重要です。社員がスキルアップするためには、要点を把握したわかりやすい指導が欠かせません。

また、相手とのやりとりの中で得意・不得意を見極め、適切なアドバイスをする必要があります。結果的に社員との信頼関係を構築でき、効率的に成長へと導けるでしょう。

また、育成担当者は研修手配や現場でのヒアリングなど、他の従業員と関わる機会も多数あります。通常業務に滞りがないよう、周りのスケジュールを上手く調節するためにもコミュニケーションスキルは必要不可欠だといえるでしょう。

目標設定スキル

目指すべき目標や共通のゴールを設定することは、人材育成において必要不可欠です。目標を設定しないと育成方針がずれてしまう可能性があり、それは効率的な育成とはいえません。そのため、しっかりと目標を定めた上で現状とのギャップを正確に把握し、計画を立てることが大切です。

さらに、目標を達成できた際には社員のモチベーション向上にも繋がります。仮に目標が達成できない場合にも、適切な指導がしやすいというメリットがあります。どんな人材を育成したいかを検討し、目標を定めた上で育成カリキュラムを進めていくことが重要です。

人材育成プロジェクトに必要なスキル

人材育成には、多くの社員が関わっています。スムーズにプロジェクトを進め、育成の効果を得るためには、マネジメント能力、リーダーシップ、計画力、スケジュール管理能力、効果測定能力が必要となります。

マネジメント能力

人材育成を行うにあたり、プロジェクトをスムーズに進めていく力が必要です。人材育成においては、社内研修や、講師を招いての研修などさまざまなプロジェクトが含まれます。

また、研修を行う際には、講師やメンターの選定と確保、教育者のスケジュール調整、上司への報告、研修日の確定、研修の状況把握など、複数のタスクを管理してスムーズに進行するマネジメント能力が必要です。

このように、人材育成プロジェクトでは、幅広い視野をもち全体を管理するマネジメントスキルが重要な役割を果たします。

リーダーシップ

リーダーシップは、人材育成プロジェクトにおいて重要なスキルです。研修中には、思うようにスキルを習得できない社員やモチベーションが低下している社員も見られるでしょう。そういった社員達もしっかりとサポートし、目標達成まで導くためには強いリーダーシップが必要です。

また、リーダーシップがある指導者は、社員との信頼関係を構築し、チームを上手くまとめ上げることができます。チームの士気の高さが、個人のモチベーションアップにも繋がるでしょう。社員の高いモチベーションを保ち、人材育成の目標を達成するには、リーダーとしての要素も求められます。

計画力

人材育成プロジェクトの目標を達成するためには、計画力が必要不可欠です。どのようにして目標を達成するか、どんなスキルが必要となるかを定めることで、達成までの道のりが明確になります。

例えば、プロジェクト計画にはロードマップを作成する方法が用いられます。達成すべき課題が確実にわかるため、社員のモチベーションも高まりやすいことがメリットです。

また、プロジェクトの全体像が上手く計画できていると軌道修正がしやすくなるでしょう。これらの理由からも、人材育成プロジェクトに関しても計画力は大切だといえます。

スケジュール管理

育成者には、計画どおりにスケジュールを調整しプロジェクトをスムーズに進める力が求められます。教育担当者は、指導のために自分の仕事から離れなければいけないケースも多いです。そのような場合には、業務に支障が出ないようにほかの従業員と業務を調節しなければいけません。

このように、限られた時間の中でスケジュールを調節し、育成プロジェクトを滞りなく進めていくことが大切です。また、外部の講師に研修を依頼する場合にも、事前に日程を確認し手配するなど、常にスケジュールを意識して行動することが求められます。

効果測定

人材育成のコストが効果と見合っているかを判断するためには、効果測定が欠かせません。効果測定の方法として、以下の2つが挙げられます。

・定性面:数値では表せないものに対する評価
(例)業務に対する意欲や姿勢など

・定量面:数字で表せるものに対する評価
(例)売上、目標達成率、コスト削減率など

これらの面から、人材が必要なスキルを習得できているか、育成が会社の利益に繋がっているかの測定が可能です。また、人材育成の効果が現れていない場合には、改善策を検討する必要があります。

効果測定を行い、適切な人材指導を行うことが大切です。

人材育成で大切なこと

企業が人材育成を行う上で大切なことは、目的の明確化、育成を全社的な取り組みとして行うこと、従業員をしっかりと評価することなどがあげられます。そこで、それぞれの項目について詳しく説明していきます。

目的の明確化

人材育成を行う際は、目的を明確に定める必要があります。社員に必要とされる知識や能力は状況によってさまざまです。そのため、目的が定まっていないと、何から手をつけたら良いか、どんなスキルを学べば良いかわからない状態に陥ってしまいます。

これらの理由から、効率的に人材育成を行なっていくためには、目標となる人物像を定めることが重要です。さらに、人材育成において明確な目的を立てることは、会社の利益や成長にも大きく繋がっています。

今一度、会社の教育目的は何か、どのような人物が求められているのかを分析してみましょう。

全社的な取り組みとする

人材育成は会社全体で取り組むことが重要です。もし、育成を現場の指導者のみに任せている場合は、会社にとってマイナスの結果となる可能性があります。
教育体制の基盤が十分に整っていないと、教育者によって育成方法が大きく左右されます。

例えば、仕事の進め方が各教育担当者によって異なってしまう場合には、どの担当者の方針に従えば良いのか、混乱が起きることが予想されます。

このような教育体制の不備により、思うような効果が得られず、社員のモチベーションが低下してしまうケースも多く見られます。現場だけではなく全社的な取り組みとして育成体制を整えることが大切です。

しっかりと評価する

会社が設定した目標の達成度を評価することは、人材のスキルアップを図る上で重要なポイントです。目標をどれだけ達成できているかに応じて、昇進や昇格などを客観的に評価することで、社員のモチベーションアップや能力向上に繋がります。

一方で、社員が適切に評価されていないと感じた場合には、士気が下がり、生産性が低下してしまったり、会社に不信感を抱き人材が流出してしまったりすることが考えられます。

しっかりとした評価制度を設け、社員のやる気を引き出していくことは人材育成に欠かせません。

まとめ

自社が抱えている課題を改善し、より多くの利益を生み出すためには、人材の育成は欠かせません。効率的な人材育成を行うためには、社員と密にコミュニケーションをとり、目標に向かって指導者も一緒に伴走していくことが大切です。

人材育成に必要なスキルや知識をしっかりと理解し、社員の実力を引き上げていきましょう。

  • rss
  • はてなブックマーク

Withコロナ、テレワークにも強いQasee資料も無料体験も、ぜひお試しください

自社の現状の困りごと、お聞かせください

03-6897-5930
10-:00-19:00 土日祝日除く